見出し

キャリアアップ支援

院内認定看護師制度

院内看護師認定制度とは?
特定の認定領域において習得した知識・技術を実践に活かし、各部署の看護の質向上に貢献するため2014年よりスタートしました。
2017年までに手術室専門看護師3名と周術期認定看護師8名、手術室認定看護師1名が誕生しています。

1 ねらい
1)当院で実施されている整形外科領域に伴う看護に習熟している看護師を認定する
2)習熟度と水準の高い看護実践が出来る知識、技術の一致性を検証する
3)認定看護師として責任を自覚を自覚して看護実践に取り組むことで、さらに看護の水準を高める
4)認定看護師として看護職に助言、指導等の教育的役割を発揮しやすい環境をつくる
5)整形外科単科の病院としての特性を活かし、看護師の専門性を高めることで仕事へのモチベーションを継続する
6)先駆的治療を推進している整形外科病院の看護師として、学会等を通じて他の病院へ整形外科看護についての情報を発信することを促進する

2 認定制度の種類
1)認定看護師 レジスタード ナース registered nurse 
   


院内認定看護師の処遇: 5万円の特別賞与(年1回 3月給与日支払)を支給する。特別賞与は他の手当との重複を妨げない。

2)専門看護師 エキスパートナース expert nurse



院内専門看護師の処遇:30万円の特別賞与(年1回 3月給与支払い)を支給する特別賞与は他の手当との重複を妨げない。

3 院内認定看護師制度 申請資格要件
 <船橋整形外科 認定看護師>
   ○船橋整形外科 周術期別 認定看護師

     ①船橋整形外科の病棟または外来において満5年以上の継続勤務の看護師(当院手術室での経験は含む)で師長の推薦があるもの。他施設での経験は含めない。
   ○船橋整形外科 認定手術室看護師
     ②他施設での手術室看護師としての経験も含めて、満5年以上の手術室勤務経験の看護師、但し当院の手術室での勤務が2年以上継続しており師長の推薦があるもの。手術室以外での経験は含まない。
     ③上記①②の経験年数には産休、育休、育児休業、介護休業、時短、欠勤の期間は含まない。
     ④上記当院において研究に取り組み、学会発表等の経験があること。
      但し、看護師長、看護主任の役職にあるものは除く。

 <船橋整形外科 専門看護師>
   ○船橋整形外科 周術期専門看護師

     ①船橋整形外科病院の病棟または外来において満10年以上の継続勤務の看護師であり、5領域すべての認定看護師の認定を受け、さらに師長の推薦があるもの(当院手術室での経験は含む)。
   ○船橋整形外科 手術室専門看護師師
     ②他病院での手術室看護師としての経験も含めて、満10年以上の手術室勤務経験の看護師、但し当院の手術室での勤務が2年以上継続しており師長の推薦があるもの。手術室以外の経験は含めない。
     ③上記①、②の経験年数に産休、育休、育児休業、介護休業、欠勤の期間は含まない。
     ④上記①、②の他に当院において研究に取り組み、学会発表等の経験があること。
      但し、看護師長、看護主任の役職にあるものは除く。

4 院内認定看護師制度申請申し込みから認定までのプロセス