当院について

看護部長挨拶

私たちの看護の理念である「患者さまの満足と安心」は、患者さまお一人ひとりをよく知るところから始まります。
弊院の平均在院日数は6日程度と、他の病院と比較し圧倒的に短いもので、患者さまのことをよく知るための十分な時間はありません。そういった中で私たちは、常に一期一会の精神で一人ひとりの患者さまに丁寧に関わらせて頂いております。その患者さまにとって必要な看護をいち早く見定め、最良の看護を提供できるよう、クリニック、手術室、病棟のそれぞれの看護師が連携して努めております。 私たちは患者さまの不安を払しょくすることに努め、手術後のご自分の身体状況を十分に理解していただき、自信を持って退院していただけるよう全力で支援します。住み慣れたご自宅に一日も早く帰っていただけるような医療は、今後ますます重要になると考えています。
整形外科領域における急性期病院の看護の役割をしっかりと果たし、同時に患者さまにあたたかで安心を感じていただける看護を提供していきたいと考え、私たち看護部一同、協力して日常看護業務に取り組んでいます。
船橋整形外科病院 看護部長
石渕 夏子

理念・目標

理念
患者さんの満足と安心
目標
1.患者さんの個別性をとらえ、適切な看護の実際
2.専門知識とスキルを習得し、安全な介護
3.インフォームド・コンセントを大切にした看護
4.患者さんに誠実な態度で向き合う
5.看護専門職として自律性を高め、自己啓発に努める


看護部紹介

当院は整形外科の周術期の患者さんが入院されている病院です。
7:1看護基準体制です。電子カルテ上でクリティカルパスを運用しています。
スタンダードケアを基本にできるだけ患者さんの個別性に配慮した看護を実施しています。

看護単位は病棟3(東病棟38床・西病棟32床・3階病棟21床)、手術室の4単位です。
外来診療は船橋整形外科病院の近くに船橋整形外科クリニックとして独立しました。 
病棟のモットーは『よく働き・よく学び・そしてよく遊べ』です。 看護部の超過勤務はゼロです。
しっかりと時間内で仕事を終える事が出来る様に業務に見合った看護師の配置をしています。
院内認定看護師制度、学会参加の奨励など、学術教育に力を入れています。


<2017年実績>
・病床数は91で平均在院日数は6.0日、平均入院患者数53.5人、ベット稼働率は74.9%です。
・手術は第1~第7までの7つ手術室があり、月曜から金曜まで、終日フル稼働しています。手術件数は年間4,794件でした。
・船橋整形外科クリニックは第1室~第15まで診療ブースがあり、平日の外来患者数は1,233人ほどでした。
・私たちは働きやすい職場環境つくりに努めております。