教育研修制度

教育目標

1、専門職業人として、高い臨床実践能力と倫理観を備え医療チームの一員として、主体的に機能できる整形外科エキスパートナースを目指す。
2、看護職員の資質の向上と業務遂行への意欲を高め、より良質な看護の提供を追及していく。

教育方針

1、当院独自のクリニカルラダ―に基づき看護実践、管理、教育、研究に必要な知識、技術を柱として段階に応じた教育を行う。
2、新人看護職員については厚生労働省の到達目標に対応した当院独自のチェックリストを使用し支援していく。
3、看護師個々のニーズ、目標に関しては、主体性を尊重し個々の満足度が向上する教育の機会を提供することで、専門職業人としての成長を支援する。
4、社会の動向、医療環境を踏まえ個々の看護職員に合った研修の機会を提供する。
5、職位と役割に応じた院内研修、院外研修、院内研究発表、学会発表、などの機会を提供する。

看護教育プログラム

クリニカルラダ―制
院内看護教育に職位別・段階別の到達目標に合わせた研修を計画しています。